バラ初心者の挿し木の記録《挿し木初日~1ヶ月》

バラ 植物の栽培

夏剪定で切った枝を使って始めたバラの挿し木。

初心者なりに、かなり気を遣って挿し木したバラちゃんたち。

どうにか根付いてほしいと願いながら、おおらかな気持ちで成長を見守る成長記録。

バラの挿し木
挿し木初日

6日目

はじめのうちは葉っぱが青々していたが、なんとなく生気がないなと感じていたら、葉っぱが枯れ始めた…。

バラの挿し木

これはイヤな予感…。

9日目

いよいよ葉が落ちボロボロ…。
枯れた葉をそのままにしておくのはよくないので、落ちた葉は取り除く。

ディスタントドラムス

根元が黒くなってしまった挿し穂はもうダメなので、これも取り除く。

9本あったディスタントドラムスの挿し穂とこの時点で2本お別れ…。

11日目

さらに葉っぱが黄色くなっている…。

ディスタントドラムス挿し穂は9本→7本になり、さらに2本の挿し穂とお別れ。
ブルームーン挿し穂7本から2本お別れ。

たぶん葉が黄色くなっている挿し穂はうまくいかないだろうな…と予想している。

15日目

15日目にして、いよいよ半分になってしまった…

ザ・マッカートニー・ローズは4本中、1本
ブルームーンは7本→5本になり、4本
スヴニールドゥアンネフランクは4本中、2本とさよなら…。

ブルームーンはもう1本しか残っていない…。

24本の挿し穂中、13本がダメになってしまうという恐ろしい成功率の低さ…。

そんななか嬉しい成長が!

適当に挿し、根っこも損傷させてしまったザ・マッカートニー・ローズに芽が出ている!!
これは嬉しい!!

挿し穂ちゃんたちもがんばってほしい~

19日目

予想は的中。
葉っぱが黄色くなっていたものはダメだった…。

7本あったブルームーンの挿し穂は全滅した…。
4本あったスヴニールドゥアンネフランクも残り1本に…。

24本の挿し穂は、20日を待たずに15本がダメになってしまった…。

あまりにも低い成功率に涙…。
少しでも環境が良くできればと、受け皿を洗う。
挿し木をした時点で洗っておけばよかったのに、受け皿を洗うということをすっかり忘れていたのだ…。

適当に挿し木して根っこも損傷させてしまったザ・マッカートニー・ローズは新芽が展開!!

23日目

ここまで来ると、もう枯れそうなものはないかも?!
葉っぱに生命力を感じる!

よく見ると、

ザ・マッカートニー・ローズとディスタントドラムスに新芽が!!

嬉しい~~~~!!!!!

挿し木から1ヶ月も経たずに新芽が出るのは、今回3回目にして初めてかも!!

ザ・マッカートニー・ローズは順調!!

25日目

あやしいと思っていたザ・マッカートニー・ローズの挿し穂もとうとう枯れてしまった…。

24本あった挿し穂たちは、1ヶ月を待たずして7本になってしまった…。

タイトルとURLをコピーしました