【アネモネ】アネモネ球根の栽培に初挑戦!球根を吸水させよう!

植物の栽培

春に鮮やかに花を咲かせるアネモネ。

鮮やかな色なのに物憂げでミステリアス、可憐なのに孤高の存在感を感じる花。

ポピーの優しい色合いと違って、アネモネはパキっとしていてきりりとした印象。

苗を買って育てたことはあるけど、来年の春に向けて球根を購入。
夏の終わりのホームセンターはいろんな球根が売っていて、つい挑戦してみたくなったのである。

そんなアネモネ球根の植え方のまとめ。

アネモネ球根の吸水

今回購入したのは、アネモネの中でもデカンという品種。
他にもあと2種類くらいあって、花が大きくて八重咲ではないデカンにしてみた。
(アネモネ品種に全く詳しくないので、ざっくり情報ですw)

このアネモネ球根、約85個入りで380円くらいだったような。
苗で買うより断然お得!!

けれど、このアネモネ球根を春に大量に咲かすには、吸水という作業を行うことが大切らしい。

気温が下がり、アネモネの植え付け時期になった頃を見計らって、吸水スタート。

用意したもの

・鉢の受け皿
・キッチンペーパー
・新聞紙

ネット情報では、イチゴのトレーなどを使っている人が多かったが、我が家には都合よくイチゴのトレーがなかったので、鉢の受け皿で代用。
やってみて分かったけれど、だいたい3cm以上の深さがあり、冷蔵庫に入れることができれば何でも大丈夫だった。

・キッチンペーパーを3枚重ねて、キッチンペーパーがひたひたになるくらいに水を含ませる。

・その上に球根を置く。

・受け皿を新聞紙でフタをするように包み、冷蔵庫へ。
(私は野菜室へ入れた)

吸水2日目

吸水2日目の球根がこちら。

カラカラに乾燥してしわしわだった球根がふっくら!!

あんなにカラカラだったのに水分を含んで生命力が戻り、成長して花を咲かせるなんて、自然ってすごい!!

キッチンペーパーが乾かないように、2~3日に一度チェックして、水を足す。

冷蔵庫で吸水3週間

さて、冷蔵庫に入れ吸水を始めて3週間。
待てど暮らせど、根っこが出ない。
カビっぽい球根も出てきた…。

こんなに吸水って時間がかかるものなのかな…、このまま根が出ず腐ってしまうのではないだろうか…、そんな不安を感じ始める。

そしてインターネットでアネモネの吸水を調べ直してみると、なんと冷蔵庫に入れるのは1週間程度でいいのだとか。

えっ?!まじ!?

新聞紙でフタをした状態のまま、冷蔵庫から出し、室内へ保管場所を変更。

すると、なんと翌日には根が出た!!

アネモネ球根の発根

アネモネ球根

冷蔵庫の中で待てど暮らせど発根しなかったアネモネ球根たちが、室温23度程度の部屋へ保管すると、とたんに発根。

一日一日、根が出る球根が増えていく。

吸水に失敗している球根もあるけれど、無事に植え付けができそうな段階までは到達できたように思う。

もう少し全体的に発根してから、植え付けようと思う。

アネモネ球根の植え付け

冷蔵庫で吸水して3週間、冷蔵庫から出して1週間、ようやく植え付け。
自分の情報不足のおかげで、植え付けまで1ヵ月もかかってしまった…w

冷蔵庫で3週間も置く必要はないので、通常なら2週間程度で吸水作業は完了するのだと思う。

今回買った球根はミックスなので、色を選んで植えることはできない。
でもどんな色のアネモネが咲くかわくわくする楽しみがある。

一緒に買っておいたムスカリと寄せ植えでも植え付けてみた。

このまま順調に成長してくれるのかは未知数だけど、春が楽しみすぎる。

吸水できなかった球根たち…

約85個の球根のうち、腐ってしまったもの、カビてしまったもの、
小さすぎて花を咲かせるのか心配で植え付けなかったもの、それぞれ合わせて約10個だった。

植え付け球根が全て発芽するわけではないらしいけど、球根から育てるのはとてもコスパが良いなと実感。

うまく吸水できて発根し、土の中へ居場所を変えた球根たちは、どうかすくすく成長して、綺麗な花を咲かせてほしい。

タイトルとURLをコピーしました