バラ初心者のバラの挿し木成長記録《3ヶ月~》

バラ 植物の栽培
バラの挿し木

バラ初心者によるバラの挿し木3ヶ月目。

いよいよ12月。
毎年思うけれど、1年があっという間すぎて驚く。
今年もあっという間。

9月に挿し木し、11月に鉢上げしたバラたちは成長に差がありつつも成長中。

3ヶ月と1日目(12月3日)

日当たりは良いが、さすがに寒くなってきているので、成長はかなりゆっくりな感じ。

個体差も大きく、新芽を展開していく挿し木と、何の変化もないように見える挿し木もある。

成長していく様子はとても嬉しい。

この地域の気候的に冬剪定まではまだ時間があるので、ゆっくりでもいいので成長していってほしい。

バラの挿し木

3ヶ月と21日目(12月23日)

暖地といえども、12月半ばをすぎると寒い。
朝は寒い日で8℃くらい、日中は15℃を越える日は少なくなった。

バラの成長はほぼほぼストップしているような感じだが、たまにポカポカ暖かい日もあって、親株のバラたちには、このまま成長するんじゃないかという芽もある。

スヴニールドゥアンネフランクは、親株も葉っぱがたくさん茂っていて、挿し木苗も葉が茂ってきた。

ディスタントドラムスは休眠期に入るのか、生育期の様子とは違う感じ。
けれどよく見ると赤い芽がついていて、ひっそりと着実に成長している感じ。

一般的なバラの育て方は東京の気候を基準にしていると思うので、同じ日本でも北と南と東京ではずいぶん気候が違っているはずで、初心者にはその調整が難しい。

そもそも挿し木苗も葉をむしって剪定したほうがいいのだろうか…。

もう少し寒さが厳しくなるまで様子をみていきたいと思う。

タイトルとURLをコピーしました